Teams でメンションすると Planner タスクを作成してくれる bot を Power Virtual Agents で作る

当ブログで一番閲覧されているのは「Teams でメンションすると Planner タスクを作成してくれる疑似bot環境を作る」の記事です。この記事を公開した時から、公式の Planner bot が対応するかな?と思っているのですが、なかなかされないまま10ヶ月くらいが経ちました。
そこで、先日発表された「Power Virtual Agents」を利用して、疑似ではない本物の Planner Task bot をノーコーディングで作ってみました!

1. Power Virtual Agents を構成する

Virtual Agent は現時点ではプレビューなので、利用にあたってはサインアップが必要です。セットアップが終わったらさっそく「TaskMan」という名前でbotを作ってみます。

続きを読む Teams でメンションすると Planner タスクを作成してくれる bot を Power Virtual Agents で作る

Teamsで送ったPraiseを可視化して、簡単なピアボーナスの仕組みを作ってみよう(前編)

巷ではピアボーナスという概念が流行っているそうですが、TeamsにもPraiseという、チームメンバーをほめたたえる機能があります。こういうやつですね。

現時点ではAPIが対応しておらず、誰がどれだけ称賛されたのかがわかりません。そこで、Power Automate を利用して、Praiseが送られたら Common Data Service にレコードを作成し、そのデータをもとにPower BI でレポーティングしてみました。

続きを読む Teamsで送ったPraiseを可視化して、簡単なピアボーナスの仕組みを作ってみよう(前編)

小ネタ:Qiitaで特定のタグが付いた記事が投稿されたらTeamsにも投稿する

小ネタです。
TeamsのIncoming Webhookを使って、Qiitaの特定タグのフィードを取得して投稿します。

Flow全体像

投稿されたようす

投稿者がうまくとれなかったり(フィード内にはAuthorはある)、サマリが取得できてなかったり(フィード内にSummaryがない)するのですが、単純に新着を流すにはよさそうですね。;-)

Microsoft365のサービスを使って問合せ管理をしてみよう(第一弾:Teamsチャネルのメールアドレス宛にメールを転送する)

背景

問合せ管理ツールには高機能のものから単純なものまでいろいろあると思います。チケット管理システムに連携して履歴管理するような大掛かりなものはいらないんだけど、メールベースだけだとちょっとな…というニーズにMicrosoft365のサービスを利用して対応できないか?と思い、何通りか検証してみました。
今回は第一弾として、MLなどの代表アドレスで受信したメールをTeamsへ流してみることにします。

メールを受信したらTeamsに投稿する方法は大きく二通り

  1. Microsoft Flowを利用してメールの受信をトリガーにし、Teamsへ投稿するフローを作る
  2. Teamsのチャネルに対してメールアドレスを取得する

1.の方法はFlowを使ったことがある方なら容易にできると思います。
ここではあまり知られていない(と思う)2.の方法にトライしてみます。

続きを読む Microsoft365のサービスを使って問合せ管理をしてみよう(第一弾:Teamsチャネルのメールアドレス宛にメールを転送する)

Teams でメンションすると Planner タスクを作成してくれる疑似bot環境を作る

背景

Microsoft Flow の Planner コネクタが「タスクへ人をアサイン」に対応した という大変よろこばしいニュースがありました!待ってた!これを!
さっそく、Teams上でメンションするとPlannerタスクを作成してくれる疑似bot環境を作ってみましたのでご紹介したいと思います。

疑似botって?どういう動きになる?

以下のことができるようになりました。

Teamsで @Taskman にメンションして、タスクの内容と担当者を投稿する
Plannerにタスクが作成される
@Taskman が「タスクを作ったよ!リンクはココ」と投稿する
続きを読む Teams でメンションすると Planner タスクを作成してくれる疑似bot環境を作る