Microsoft365のサービスを使って問合せ管理をしてみよう(第一弾:Teamsチャネルのメールアドレス宛にメールを転送する)

背景

問合せ管理ツールには高機能のものから単純なものまでいろいろあると思います。チケット管理システムに連携して履歴管理するような大掛かりなものはいらないんだけど、メールベースだけだとちょっとな…というニーズにMicrosoft365のサービスを利用して対応できないか?と思い、何通りか検証してみました。
今回は第一弾として、MLなどの代表アドレスで受信したメールをTeamsへ流してみることにします。

メールを受信したらTeamsに投稿する方法は大きく二通り

  1. Microsoft Flowを利用してメールの受信をトリガーにし、Teamsへ投稿するフローを作る
  2. Teamsのチャネルに対してメールアドレスを取得する

1.の方法はFlowを使ったことがある方なら容易にできると思います。
ここではあまり知られていない(と思う)2.の方法にトライしてみます。

概要図

今回使うのは共有メールボックスとTeamsのみです。

こんな感じで、ML(共有メールボックス)宛にメールが来たらTeamsのチャネルに転送します。

Teams チャネルのメールアドレスを取得

投稿したいチャネルのコンテキストメニューから「メールアドレスを取得」を選択します。

こんな風にアドレスが取得できます。ドメインが「@jp.teams.ms」なんですねえ。

共有メールボックスの設定

共有メールボックスは転送設定をしておきます。転送先は先ほど取得した「xxxx@jp.teams.ms」のアドレスです。
設定は以上で終わりです。簡単ですね!
次のページで動きをみていきましょう。