一日中PowerAppsでアプリを作ろう – #AppDay の取り組みについて

こんにちは!2019年も半分が終わりますね。今回は技術的な話題ではなく、私のチームで取り組んでいる「#AppDay」というものについてご紹介したいと思います。

AppDayとは?

タイトルにも書きましたが「一日中PowerAppsでアプリを作ろう」という日です。背景を少し書いておくと、私はユーザー部門ではなくSIerとしてPowerAppsやMicrosoft Flowをお客様に提案する立場なので、いわゆる社内展開の事例とは異なるのですが、概念としてとてもおすすめできるなと思ったので記事にしてみました。少しでもご参考になると幸いです!

続きを読む 一日中PowerAppsでアプリを作ろう – #AppDay の取り組みについて

PowerApps x Daily UI #006 – User Profile

この記事は「PowerAppsでDaily UIチャレンジ!UI100本ノックに挑戦します」の#006です。今回のpromptは「User Profile」です。

前回からすごく間が開いてしまいました。このあいだにWordpressの更新があって継続するかどうか悩みましたが、初志をわすれずにぼちぼち頑張っていこうと思います。
さて、Office365のプロファイルといえばDelveですが、みなさまの会社では活用されていますか?今回はDelveを中心としたOffice365アカウントの基本的な情報をもとに、使いやすい「従業員検索」アプリを作成してみました。

Delveのプロファイルってどんなだっけ?

こんな感じです。

企業ではADと人事システムが連携していて、部署や役職などある程度の情報は自動で設定される場合が多いですね。
今回はモバイルからの用途を想定して作ってみました。

続きを読む PowerApps x Daily UI #006 – User Profile

小ネタ:毎日FlowでBingの壁紙をDLする

小ネタです。Bingで提供されている壁紙を、Flowを使って毎朝自動でダウンロードする方法。

URL(json)
http://www.bing.com/HPImageArchive.aspx?format=js&idx=0&n=1&mkt=ja-JP

この小ネタをわざわざ書いたのは、BingがちゃんとJSON(/xml/rss)で返してくれることに驚いたからです。「bing image url」で検索するとstackoverflowにこんな投稿がありました。世界には自分と同じようなことをしたい人がわりとたくさんいるんだなあと思ったので、今後もめげずにアウトプットしていきます。 ;-)

PowerApps x Daily UI #005 – App Icon

この記事は「PowerAppsでDaily UIチャレンジ!UI100本ノックに挑戦します」の#005です。

今回のpromptは「App Icon」です。アプリアイコンといえば先日、Officeの新しいアイコンが公開され、Office365環境には順次リリースされていますが、PowerPlatformのアイコンは古いままでちょっとさみしい気持ち…。ということで今回は、動作するPowerAppsアプリではないのですが、「新Officeアイコン風PowerPlatformアイコン」を作ってみました!

続きを読む PowerApps x Daily UI #005 – App Icon

PowerApps x Daily UI #004 – Calculator

この記事は「PowerAppsでDaily UIチャレンジ!UI100本ノックに挑戦します」の#004です。

今回のpromptは「Calculator」です。電卓の実装か…とはじめから気が重かったんですが、予想通り全然気が乗らないなかなか進まず、投稿にかなり間が空いてしまいました。
ご存知の方も多いと思うのですが、電卓のプログラムは簡単なように見えて結構複雑です。学生の頃に逆ポーランド記法を使ってプログラミングした記憶がよみがえってきたりして、辛さとめんどくささがMAXになりました。しかしこのチャレンジをはじめるときに「出来があんまりよくなくてもちゃんと公開する」と宣言したので、志を低くして公開しようと思います…

続きを読む PowerApps x Daily UI #004 – Calculator

小ネタ:Qiitaで特定のタグが付いた記事が投稿されたらTeamsにも投稿する

小ネタです。
TeamsのIncoming Webhookを使って、Qiitaの特定タグのフィードを取得して投稿します。

Flow全体像

投稿されたようす

投稿者がうまくとれなかったり(フィード内にはAuthorはある)、サマリが取得できてなかったり(フィード内にSummaryがない)するのですが、単純に新着を流すにはよさそうですね。;-)

Microsoft365のサービスを使って問合せ管理をしてみよう(第一弾:Teamsチャネルのメールアドレス宛にメールを転送する)

背景

問合せ管理ツールには高機能のものから単純なものまでいろいろあると思います。チケット管理システムに連携して履歴管理するような大掛かりなものはいらないんだけど、メールベースだけだとちょっとな…というニーズにMicrosoft365のサービスを利用して対応できないか?と思い、何通りか検証してみました。
今回は第一弾として、MLなどの代表アドレスで受信したメールをTeamsへ流してみることにします。

メールを受信したらTeamsに投稿する方法は大きく二通り

  1. Microsoft Flowを利用してメールの受信をトリガーにし、Teamsへ投稿するフローを作る
  2. Teamsのチャネルに対してメールアドレスを取得する

1.の方法はFlowを使ったことがある方なら容易にできると思います。
ここではあまり知られていない(と思う)2.の方法にトライしてみます。

続きを読む Microsoft365のサービスを使って問合せ管理をしてみよう(第一弾:Teamsチャネルのメールアドレス宛にメールを転送する)